Google AdWordsへの広告設定方法

Google AdWordsは 2018年10月末に「並行トラッキング」というトラッキング方式への自動切り替えを予定しており、切り替え以降、従来の入稿方法ではAdWords広告を正しく計測できなくなる場合があります。

本記事では並行トラッキングに対応したAdWordsへの入稿方法をご説明しますので、下記手順に沿って設定を行っていただけますようお願いします。

※本記事は2018年5月時点のGoogle社の公開情報をもとに作成しています

並行トラッキングとは

従来のAdWords広告は、トラッキング用のリダイレクトURLを順番に経由して最終ページURLへ遷移していました。

しかし、並行トラッキングでは、広告をクリックすると直接最終ページURLへ遷移し、リダイレクトURLはバックグラウンドで並行して読み込まれる方式に変更されます。

2018年5月現在、並行トラッキングはAdWordsのデフォルト設定では無効になっていますが、2018年10月末には強制的に有効に切り替わる予定です。

詳しい仕組みなどの詳細は、Google社の公式ドキュメントをご確認ください

並行トラッキングとは - AdWords ヘルプ

【手順1】 ウェブアンテナ管理画面での広告パラメータ発行

ウェブアンテナ管理画面へログインし、[新規広告、広告グループの登録] 画面より広告の新規登録を行ってください。
登録内容を入力する際は、以下の通り設定してください。

  • リンク先URLには 最終ページURL を入力

【手順2】 AdWordsへの入稿

トラッキングテンプレートの使用有無により設定方法が変わりますので、それぞれ下記の例を参考に入稿を行ってください。

USERGRAMの広告パラメータ(ugadパラメータ)には広告ごとに半角英数8文字のランダムな値がセットされますが、下記の例では xxxxxxxx と伏せ字で表記します

トラッキングテンプレートを使用しない場合の設定例

最終ページURL http://mysite.com/lp.html?key=value{ignore}&ugad=xxxxxxxx
トラッキングテンプレート (空欄)
  • 最終ページURLへ、広告パラメータつきの入稿URLを入力してください
  • AdWords側の審査時のクロール負荷を下げたい場合は、上記の設定例のように広告パラメータの直前にValueTrackパラメータの1つである {ignore} を挿入してください
{ignore} の詳細については下記のAdWordsサポートページをご確認ください
改良版 URL 管理システム  |  AdWords API  |  Google Developers

トラッキングテンプレートを使用する場合の設定例

最終ページURL http://mysite.com/lp.html?key=value{ignore}&ugad=xxxxxxxx
トラッキングテンプレート https://3rd-party-tracking.com/redirector?key=value&ugad=xxxxxxxx&url={lpurl}

最終ページURL

  • 最終ページURLへ、広告パラメータつきの入稿URLを入力してください
  • AdWords側の審査時のクロール負荷を下げたい場合は、上記の設定例のように広告パラメータの直前にValueTrackパラメータの1つである {ignore} を挿入してください
{ignore} の詳細については下記のAdWordsサポートページをご確認ください
改良版 URL 管理システム  |  AdWords API  |  Google Developers

トラッキングテンプレート

  • トラッキングテンプレートの末尾に、広告パラメータ(ugadパラメータ)を付与してください
  • 続けて、並行トラッキングへ対応するために必要なパラメータである &url={lpurl} を付与してください
{lpurl} の詳細については下記のAdWordsサポートページをご確認ください
改良版 URL 管理システム  |  AdWords API  |  Google Developers

解決しない場合 問い合わせ 問い合わせ